WEB予約

WEB問診

  • 【月火木金】09:30-12:30 / 17:00-19:00
  • 【土】09:30-12:30
  • 内視鏡検査・手術…13:30-17:00
  • ※【木】09:30-12:30 女性専用外来

アイコン〒564-0053 大阪府吹田市江の木町2-1クロッシング江坂4階

06-6389-0704

バレット食道

バレット食道|江坂駅より2分|えさか駅前にしごりおなかとおしりのクリニック

バレット食道とは

健康な状態の食道の粘膜は、扁平上皮(へんぺいじょうひ)と呼ばれる組織形態を取っています。
しかし、食道の粘膜が慢性的に胃酸にさらされると、胃から連続的に円柱上皮(えんちゅうじょうひ)と呼ばれる組織形態に変化してしまうことがあります。この状態をバレット食道と呼びます。
バレット食道を発症すると、食道がんを発症するリスクが高まることが知られています。

バレット食道の原因

胃食堂逆流症が大きな要因であるとされています。
肥満、喫煙などでもバレット食道を発症するリスクが高まります。

逆流性食道炎との関係

胃液(胃酸、ペプシン)や十二指腸液(胆汁、膵液)が食道まで逆流し、食道が炎症を起こすことを逆流性食道炎といいます。
逆流性食道炎はバレット食道の主な発生要因とされています。

バレット食道の症状

胸焼け、胸の痛みが主な自覚症状に挙げられています。
夜間にむせこむような咳(喘鳴)が出ることもあります。高齢者の場合肺炎の原因にもなります。

検査・診断

胃カメラ検査(上部内視鏡検査)にて行います。
バレット食道の治療については、現時点で有効とされるものはありません。
経過観察を行い、食道がんの早期発見を目指すことになります。

pagetop