WEB予約

WEB問診

  • 【月火木金】09:30-12:30 / 17:00-19:00
  • 【土】09:30-12:30
  • 内視鏡検査・手術…13:30-17:00
  • ※【木】09:30-12:30 女性専用外来

アイコン〒564-0053 大阪府吹田市江の木町2-1クロッシング江坂4階

06-6389-0704

大腸ポリープ

大腸ポリープ|江坂駅より2分|えさか駅前にしごりおなかとおしりのクリニック

大腸ポリープ

大腸ポリープとは、大腸の内側にできる、イボのような粘膜のでっぱりを言います。
大きくわけて腫瘍性と非腫瘍性がありますが、狭い意味では、前者のうちの「上皮性腫瘍(良性の腺腫と、悪性のがん)」を指します。

腺腫は、大腸上皮(腺管)が腫瘍性に増殖したもののうち良性のものを言い、大腸ポリープの約8割を占めます。
大腸がんは、もともと大腸がんとして発生するもの(de novo)の他に、この腺腫を含む前がん病変(がんの前段階の病変)と言われる良性病変から進展するものがあります。
がん化しうるポリープは、発見次第、切除することが望ましいと言えます。 欧米では、小さい段階で腺腫性ポリープを切除することで、大腸がんによる死亡率を低下しうることが示されています。

腺腫性ポリープと、リンパ節転移の危険性がほとんどない大腸がんについては、内視鏡による治療により治癒可能です。
治療の方法は、病変の形(肉眼系)や大きさにより使い分けられ、ポリペクトミーや、粘膜切除術(EMR)、粘膜下層剥離術(ESD)などの方法があります。
当院では切除に際して、症例によっては後出血や穿孔などの危険性がより少ないとされているコールドポリペクトミー(電流を使わずにポリープを切除する方法)を積極的に採用しています。

入院が必要なケース

外来での切除が危険と判断される場合、大きなポリープで一括切除が望ましい場合、抗血小板薬・抗凝固薬などの血液をサラサラにする薬を止めることが難しい方の場合などでは、入院可能な専門施設をご紹介させて頂いております。

ポリープ切除の合併症と注意事項

ポリープ切除による主な合併症は、出血(術中出血、後出血)と穿孔です。後出血は、検査治療後に自宅に戻ってから、治療部位から再出血をすることをいい、0.3~1%程度の低い確率ですが、ゼロにできない事象で、必ずどなたかに起こります。後出血は、術後安静を保っていたとしても起こりえますが、激しい運動やアルコールや香辛料刺激物の摂取で出血が誘発されやすくなります。また出血した場合には、ときに入院治療を要することもあります。そのため、ポリープを切除した場合には、これらの合併症予防の観点から、1週間程度、運動・飲酒・遠出の外出を控えるようお願いすることがあります。

pagetop